生分解性とは?

生分解性とは?

物質が微生物によって分解される性質であること。また、土中や水中の微生物が、高分子化合物を分解して無機物にすること。

解説

生分解性が高ければ、それだけ環境への負荷も低くなる。

海洋汚染の原因は工業排水などもあるが多くを占める原因が私たちが家庭から出す「生活雑排水」であると言われている。

生分解性しきれずに汚れてしまった海で育った汚染されたお魚などをまた私たちが食べ、そして体によくないものを蓄積するという悪循環を生んでいる。

一般の洗剤のほとんどが生分解性するのに途方もない月日がかかる。体に良いと言われているいわゆる「純石鹸」ですら90%分解するのに50年かかると言われている。

生分解性が高いものを選ぶという選択肢も自分たちのためにも持ちたいものだ。また流すものにも意識をしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA