リンパとは?

リンパとは?

全身に張り巡らされている「リンパ管」、その中を流れている血しょうの一部でリンパ管に吸収された「リンパ液」、全身の要所にあるリンパ管が合流している部分「リンパ節」、これらを総称して「リンパ」と呼ぶ。

解説

リンパは、血液と同じように体中に張り巡らされている。しかし、血液とは仕事内容が全然異なる。

血液は心臓の動きをポンプとして体中に栄養や酸素を届ける。

それに対しリンパの役割は「老廃物の回収と排泄」「細菌の退治」
「ウイルスなどへの抗体を作る」「異物や細菌を血管に入れない」。

そして血液とは違い、筋肉を動かす事でリンパは流れていく。

運動不足だったり、普段同じ姿勢で仕事や勉強をしているとリンパを流す為の筋肉運動量が足らず、むくみ・冷え・疲労の蓄積につながってしまう。

リンパ管の通り道に800箇所ほどの「リンパ節」と呼ばれる卵型の節があり、首のつけね・顎に300以上のものリンパ節が集中している。
そしてすべてのリンパが最後に合流するのが鎖骨リンパ節。鎖骨リンパ節は老廃物の最終出口地点がある場所。ほかにも脇の下、鼠径部、ひざなどにある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA