たった1ヶ月で「喘息の薬が週5→週1に減りました!」そのワケとは?!

「喘息の薬が週5→週1に減りました!」

経血コントロール 1年トレーニング生から早くも喜びの声が!!!

◆「喘息の薬が週5→週1に減りました!!」

◆「生理が1週間→3日間で終わるようになりました!」

◆「血の塊がなくなりました!」

と体感しまくりでした!!!

ぱっと見、喘息なんて関係ないと思いますが、実は大関係しているので

す!!恐るべし経血コントロール!最先端の予防医学です。

 

まだトレーニングが始まって1ヶ月も経っていないのになぜそんなことが

起こったのか?!!   今回レポートしたいと思います!

 

看護師のYさん、もともとダイエットもしたいということで経血コント

ロールを学び始めました。

 

経血コントロールを学んでいくなかで重要な順番があります。

 

みなさんは「経血コントロール」を習得しようとした時なにをしたらい

いと考えますか?

 

多くは「子宮ヨガ」とか「膣トレ」や「トイレで出す練習」などをイメ

ージするかたが多いです。

 

しかし、いきなりそれを行うまえに大切なやるべきこと事あるのです。

この順番がわかっていないとなかなか実際コントロールまでできるのは

難しいとと言われています。

 

ではどんな順序でやったらいいのでしょうか?

 

 

経血コントロールを習得するための大事な順番とは?

答えはこちら

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

第1ゾーン・・・不必要なものを入れない、出す。必要なものを入れる

第2ゾーン・・・今ある疾患やトラブルを改善する(アトピー、アレルギー、喘息、便秘、肥満など)

第3ゾーン・・・トイレで出せるように練習する

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

第1ゾーンが一番大事な土台でありそこをまず取り組む必要があります。

主に食事とパーソナルケアの見直し。

そして第2ゾーンでトラブルを改善していくために何をしていくかをプ

ランニング、実践。

最後にようやく毎月排血をトイレで出せるように訓練していきます。

 

Yさんはまず、一番大事な第1ゾーンを1年トレーニングの初回1dayセミ

ナーでしっかり学びました。

そして彼女は多数のアレルギーがあることが発覚!!

なので第2ゾーンの改善が必要でした。

そこでヒアリングをし、彼女だけのプランニングをしました。

 

 

サプリメント には要注意です。

彼女は毎月 サプリメント を頼んでいました。

ミネラル 系と 乳酸菌 を飲んでいたようです。

彼女は 喘息 、 イネ科 、猫、 ダニ 、 ハウスダスト などなどたくさんの

アレルギーを持っていました。

 

サプリメントの中には普通に人には平気でもアレルギーの人には摂取し

てはいけないものなど混ざってしまっているものも多数あります。

 

なので、ただ「いいよ〜」といわれて安易に摂取するのは要注意です!

 

実際、彼女が今まで飲んでいたサプリメントを、プランニングしたなか

で今の彼女に必要なサプリメントに変えたところ今回の早々な体の改善

が見られたのです。

喘息に関しては、今は最も辛い時期なはずなのに改善してしまいました。

こんなにも違うのかと本人が一番驚いています( ^ω^ )

 

 

まとめ

彼女がたった1ヶ月でこんなにも体感できたのは、自分の体をまずは知り

、そして何が本当に必要なのかを見極めれた事が大きな要因なのではな

いでしょうか。

 

結果の出方は人それぞれですが、やはりまず【自分の体を知ること】

そして【今の自分に何が必要なのか】を専門家に診てもらうことが大事

ですね。

 

病院ではそれで「薬」を渡されます。

 

しかし、私たちは自分でなおせる【自己治癒力】をつけることに着目し

いています。

 

そのために自分の体が今どうなっているのか?

そうなったのはなんでなのか?

ではどうしていったらいいのか?

を探りながら学びながら正しい知識で実践していくのです。

 

でもこれって一人でなかなかできないですよね?

私たちは面倒臭がりだし(笑)まして自分の知らない世界のことなんて

自分一人じゃなかなかやれない(´Д` )

このままでは良くないのはわかっていても。。。ね。。

 

なので私は仲間と共にに学べ実践し、改善できる場所があるってとっ

てもいいな〜と思うんです。

 

今のトレーニング生もまだまだこれから大きく変化していくと思うと楽

しみです!!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【経血コントロールショートセミナーも開催中!】

女性のための”最先端”予防医学セミナー〜経血コントロールとは〜

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA