エコチル調査とは?

エコチル調査 とは?

環境省が2011年から実施している10万組の子どもたちとその両親が参加して調べる大規模な疫学調査「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」。「エコロジー」と「チルドレン」を組み合わせて「エコチル調査」と呼ぶ。

解説

赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から13歳になるまで、定期的に健康状態を確認し、環境要因が子どもたちの成長・発達にどのような影響を与えるのかを明らかにする調査。

エコチル調査 は、「胎児期から小児期にかけての化学物質曝露をはじめとする環境因子が、妊娠・生殖、先天奇形、精神神経発達、免疫・アレルギー、代謝・内分泌系等に影響を与えているのではないか」という仮説(中心仮説)の解明を目指している。

実際には質問票への記入や血液・尿・毛髪などの試料を採取・提供する。また、母親や子どもの診療状況や健康状態について調査をする。

調査期間はリクルート期間(3年間)と追跡期間(13年間)として、2011年1月から2027年までを予定している。

エコチル調査詳細    http://www.env.go.jp/chemi/ceh/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA